アパート・マンションにおいて発生しやすい入居者トラブル 


賃貸経営をしていると、入居者トラブルなどの問題はつきものです。入居者同士ではトラブルの問題解決が、難しいことが多くあります。今回は、アパート・マンションにおいて、発生しやすい入居者トラブルを見ていきましょう。

■主な入居者トラブル”3つ”

入居者トラブルはさまざまな問題があるのですが、主な入居者トラブルは下記のように3つあります。

1.家賃滞納の問題
1ヶ月の滞納ならまだしも、1年以上滞納すると管理会社、保険会社や本人その保証人にまで家賃の請求を行わなければいけません。

2.隣人同士のトラブル
深夜にテレビの音量が大きい、友達同士で大騒ぎをしている。また、ベランダからタバコを投げ捨てる人がいる、大きな声で話を長時間する。ゴミを放置して、異臭がするなどさまざまです。

3.退去時の原状回復に、敷金を返金すべきかどうか
入居者が退去すると、オーナーはその部屋の原状回復工事をしなければならないのですが、リフォーム費をどこまでオーナーがまかなわなければならないのか、ということで争いになり、訴訟にまで発展したケースもあります。

■入居者トラブルの解決法とは?

上記のトラブル解決にはどのような対応や注意を促せばいいのでしょうか。管理会社、家主、入居者の関係性を見ていきましょう。

問題が発生した場合、掲示板を利用して、迷惑行為が発生していることを報告します。モラルがある入居者であれば、それを読めば自分のことだと分かってくれるはずです。

次に、どの入居者が騒音トラブルの問題を起こしているのか把握する必要があります。例えば、騒音トラブルの原因となっている部屋の隣に住んでいる入居者に連絡を取り、どのようなトラブルが起きているのか確認することが必要です。

このように、騒音トラブルの元を突き止めた上で、騒音を出している入居者に事実確認をするようにします。その際に気を付けることは、騒音を出していない入居者に注意してしまうことがないようにしなければいけません。

隣人同士のトラブル対応方法としては、入居者が「管理会社」or「家主」に入居者トラブルの相談をします。それから掲示板での告知や、入居者全員へ手紙を投函し、隣人トラブルがあったことを通達します。

その後、騒音を出している入居者に対して、騒音を出さないように伝える必要がでてきます。例えば、電話だけでなく直接訪問して騒音トラブルをしている理由を聞くことが大切です。

このように、より住みやすくしていくためには、さまざまなトラブルがありますが、その解決方法もさまざまです。入居者の皆さんもトラブルに巻き込まれた際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

神奈川県内でお部屋をお探しの際には、株式会社アップル神奈川までお気軽にご相談ください。